Posted by at

2009年02月28日

手紙

先日、お久しぶりに友人からの手紙が届きました。
「大学生活はもう大半過ごしました。あなたもすでに慣れていたんでしょう。みんなそうです。我々は生活に挑戦できない。ただ、手を挙げるしかない。高校時代の時、みんな単純だから、複雑なこととか困ったこととかまだ経験しなかった。なのに、しいてその中に物足りないものを探して、何回も何回も文句を言ってしまいました。大学生になると、確かに本当に困ったものがたくさん出てくるんですが、かえって何も言えなくなりました。どちらかと言うと、誰も大体現実を受け入れたということでしょう。理想は美しいですが、あくまでも現実ではない。夢みたいなものは目を覚めると、すぐ消えてしまうから。大人になる代価は、一部分の夢を捨てて、現実的なものを頭に詰めるというものだ。
でも、私は夢を見るのが好きです。いつも、将来について空想しています。どのようにしたらいい生活を過ごせるのか、ということとか。最高の方法は宝くじだ。もし、五百万元の宝くじに当たったら、仕事なんかしなくてもいい。百万元でマイホームを買う。そして、ほかのお金は入金し、その金利に頼って豊かな一生を送ることができるでしょう。あとは、いい仕事を見つけることだ。一生懸命頑張るとしたら、いい成績を上げられるかもしれない。すると、高い給料をもらえるし。何年も貯金したら、マイホームも買える。それから、いい仕事を見つけるというより、むしろ金持ちの男を探すほうがいいじゃないか、という考えも出てくる。結婚したら、パートをしながら家庭主婦をするのはもっと幸せなのかも。
最後、やっぱり現実に戻る。男はだんだん頼りなくなるし、自分でたとえどんなに頑張るとしても、えらい成績を上げる能力がないからダメだ。つまり、宝くじを当たらないと、平凡な一生を送るにほかならない、ということになります。
もちろん、宝くじにあたる確率も非常に低いということもよく分かったんだけど…」

以上は彼女の手紙の一部分です。それを読んだあと、同感します。昔は結婚というものは女性の一生を決めるのです。今の女性は学歴がだんだん高くなるとともに、自立心も強くなります。男性に頼るなんて、話にならない。その結果、悩みもますます多くなってゆく。これはいいのか、悪いのか、私もわからない。  


Posted by teisan at 22:32Comments(0)文章

2008年12月05日

最近上海は突然寒くなりました

今週の火曜は花山院さんに「上海は暖かい」というコメントをしたばかりだが、今日は最低気温は1度になり、明日は零度になるそうです。ああ、火曜は最低気温は9度だったが…やっぱり、冬ちゃんの歩みは速いですよね!
今日は厚着にして、動きはとても不便です。

さてさて、あさって日本語能力試験一級!!やっと、来た。期待するような、怖がるような、いろいろ感情が心にいっぱいです。一つの単語:ドキドキ。

模擬テストもたくさん練習したし、過去問題もたくさん練習した。この能力試験は本当に私にとってそんなに重要なのか、と戸惑っている時もあります。
一生懸命、頑張る。中国の子供たちはいつもそうです。がんばるの目的は、いつも「試験」そのものです。小さいから、ずっと「試験」の渦に巻き込まれてくる。いい小学校に入るために、小学校入学試験を取る。そして、中学校入学試験もある。いい高校に入るために、「中考」(高校入学試験)はとても大切なことです。それから、「高考」(大学入学試験)はいわゆる「あなたの人生を決められる」という非常に大きい働きを果たす試験です。いい大学を入った後、ひとまず休んでもいいでしょう?と思ったが、大学英語の四級・六級とか、取らなければならない試験はあなたのまえに待っています。もし、将来の就職に役を立ちたいなら、「通訳資格テスト」とか、そのタイプのテストは、今の中国では非常に多いです。「受験勉強」はファッションの一つになるようです。一つのテストの合格証書を取ったばかりに、もうひとつのテストの受験勉強に埋め込んでしまった場合も少なくないんです。
この終わりはどこにあるでしょうか、といつも私は考えている。ずっとコツコツと受験のために勉強してる、これは中国の学生の現状である。受験の目的は合格証書をとるコトであり、合格証書を取る目的はいい仕事に就職できるコトである。いい仕事に就職してはじめて、それからの人生が楽しめることができます。でも、この前の生活はただ後の生活の犠牲なのでしょうか。…
私はそう思わない。
私の勉強の目的はただ合格証書そのものだけでなく、自分のためなんです。この世界の面白いこと、自分がむかし知らなかったこと、もっともっと、知りたいんです。今日本語を勉強している本当の目的は、日本語の合格証書をとるのじゃなくて、日本人とコミュニケーションして、日本その国の文化を習いたいんです。そして、文章を書くことが好きな私は、中国語以外の言葉で、自分の考えを言い出したいんです。ほかは…中国と日本は「矛盾な仲間」です(私の考えでは)。お互いに影響し(文字、文化)、歴史の問題による偏見(政治)、お隣さん(地理)…そんなに多くの面白いところはあるんです。もし、私の力も日中関係の改善に役立てるなら、幸せです。
二つの国の関係についての問題にくると、複雑になるね(笑。 

今、私の主な目的は、ただ、日本人との交流、と、日本その国の了解、その二つのことです。
が、その前に
もちろん、まず、能力試験。(笑、試験の前はそう無駄話をしてなんて、すみません。

追伸/ フランスに留学中の周ちゃんから葉書をいただきました。嬉しい~~フランスの切手は確かに大きいですね。




正面
  


Posted by teisan at 16:42Comments(2)文章

2008年11月26日

To ある昔の知人

今日はあなたの誕生日です。
でも今私はラボで能力試験一級の試験勉強をしています。
三十歳ですよね~~おめでとう~~あなたが日本語がわからないけど、今日本語を勉強してるんですから、日本語の文章を書いてるんです。昨日の中国語の文章は読んだかなー?
昨日なかなか眠れなかった。ずっと高校時代のことを思ってるんです。ああ――懐かしいねえ~~でも時間が戻せないですね?仕方がないわ~~
あの時、あなたは大学を出たばかり、国語先生をしていたんです。若い先生ですから、何でもやる気がいっぱいだった。私は作文を書くのが好きです。だから、毎週のエッセイという宿題も好きです。あなたはあの時二十四歳だったかなー?生徒みたい顔をして、生徒の中に混じりこめば、見つけられないほどでしたね。ハハ。作文はうまい、とあなたはいつも言ってくれた。ありがたい。いつも優れた作文として生徒たちに読んだ。終わったら、「この文章はなかなかいいなあ~」と微笑みながら、誉めてくれた。ある日、なぜこう言ったのか忘れたが、こういう話は忘れない――「あなたの文章はいつも最後に残して楽しみながら読んでいただきます。」私は何も言わなかった。でも、大変感動した。あなたは私の読者だ、と、それから信じ込んできた。いつもまじめに文章を作り、自分のベストをあなたに見せた。こんな感じ、今まで心の底にずっと大事にしている。
あの黒いエッセイノートにはあなたのコメントは懐かしかった。赤い、わがままな字。乱れて、斜めに書くこともあった。でも、きれいだと思ってた。もっとも重要なのは、私の文章をまじめに読んだあとの感想を書いてあるのだから、真心がこもっていた。読むたびに、感動してたまらない。そのなかに、冗談らしいことが多かった。たとえば、私のくっついた猫の絵のそばに「君に似た」と書いた。私を「月美兄」(月美ちゃんに相当する)と呼んで、コメントしてくれた。私の文章が好き、といわんばかりだった。私のわがままに、試験作文と違って、自分好きな文章を書いて、あなたに見せた。日記を宿題としてノートに書くこともあった。
しかし、高校二年のとき、国語を教えなくなった。また高校一年生を教えた。私の高校二年の国語先生はある女の人だった。まあまあいい人だが、あなたと比べて、なかなか気にならなかった。あの時、毎日あなたを見ることができるが、文章を読ませないのはつらかった。あの女の先生は私の文章が好きではないから、ほとんどコメントをちゃんと書かなかった。がっかりした。あなたをいっそうに思った。
その後の一年、つまり私の高校三年生のとき、あなたは先生の仕事をやめて、保険会社に勤めるようになった。すると、あなたの姿も見えなくなった。
あなたのことを大事にしているから、あなたと同じな大学を進学した。あなたと連絡して、改めて友達になろう、と。
でも、大学一年がなかなか慣れていれなかった。いつも、あなたにメールを送って、苦しい現状について文句を言った。きっと、私がうるさいって、あなたは思ったんでしょう。だんだん、やっと慣れてきた。そのとき、あなたと親しんできた。いつも携帯電話でメールをやり取りして、まるで高校時代に戻るみたいだった。あの時、楽しかった。五月にあなたは家でご馳走に誘ってくれたが、なにか不愉快なことが起こった。その後、ずっと、気持ち悪くて、私のほうから遠ざかってきた。ああ~
今のあなたは文章もあまり書かないし、家庭のため一生懸命働いているので、疲れているみたいです。昔と比べて、面白くないわ~
今年、奥さんも妊娠してる。おめでとう~~お父さんになるなあ~~責任を持って、いい家庭を作ってください!!
いつも一番いい友人として思っているから、心の底から、あなたのことを大事にしています。再び私の読者になってほしいです。

2008.11.26

後記:あの中国語の文章はとうとう、あなたは読めなかった。がっかりした。
いつも期待してるが、いつも失望してしまう。そんな循環、いやだ。
アホらしい、という感じ、しみじみ心に刻み込んだ。
あなたのような友達、要らなくて済む、と、今の私、そして将来の私、の実感です。
  


Posted by teisan at 16:41Comments(0)文章

2008年08月29日

「こころ」の読後感

やっと「こころ」を読みきった!!
これは私の読みきった日本語の小説の一冊目だ。本当にうれしい!!

「私」という青年は「先生」を不意に会った。世間に出ないで、ひっそりと、隠れるようにしている「先生」には、何か秘密がありそうだ。「私」はその秘密を知りたがった。「先生」は最初に教えたくなかった。でもすぐ、「私」がそれを知りたいのは好奇心からではなく、自分の人柄に対する尊敬、また隠された真実を突き止めたいと願うからのだと分かった。「私」の純真な気持ちに感動させられた。すると、妻にも知らせなかった過去の秘密を「私」に打ち上げた。
「先生」はまだ「私」のように単純な青年の時、両親が亡くなった。不思議なことに、父の生きている時非常に信用した叔父さんに財産をごまかした。それから、世の中で誰も信じたくなかった。その時、下宿の奥さんの娘―お嬢さん―が好きになった。愛情の温暖の下、氷はますます暖かい水に溶けた。しかし、親友のKの出現はそれをすべて乱された。お嬢さんがKに奪われそうな不安と嫉妬とから、Kの前にお嬢さんに告白した。そのために、Kは自殺しまった。Kの死が自分のせいだと信じ込んでいたので、「先生」はとうとう自殺した。
「平生はみんな善人なんです。少なくともみんなふつうの人間なんです。それが、いざという間際に、急に悪人に変わるんだから恐ろしいのです。」
いつも優しい叔父さんが、金銭の前に、急に貪欲な悪人になったんだ。いつも正直な自分も、愛情の前に、急にずるいな小人になったんだ。自分もまた信頼できない人間の一人である。
「先生」がそれを見通してこそ、さらに希望を見失った。人間本来の目的は、自分の幸福を求める心と利己心から発するのだ、と人間に対する深い絶望感におそわれた。
この小説は暗い世界を見せた。実は、私は違い見方がある。先生の自殺は無用だと思う。Kの自殺は先生のせいではない。小説によると、Kはもともとお坊さんになりたがったのだが、不意にお嬢さんに惹かれた。「現実と理想の距離」というものはKに死亡の道へ行かせるのだ。先生は自分の愛情を守るために、Kを傷つけてしまったのだ。「先生」は罪悪感を持たなくてもいい。でも、先生の自殺は避けないことだと思う。この世界は、「WIN―WIN」ということは難しい。もし、先生は告白しなくて、Kとお嬢さんの縁談をまとめてあげれば、先生の余生も同じく苦しいでしょう。自分の愛する人がほかの男と一緒に生活していると思うと、狂うでしょう。自分の気が弱いばかだ、と悔やむでしょう。そうすると、同じ結果になるでしょう。
先生は敏感な人である。他人と自分の感じを気になり過ぎる。そういう性格ではなければ、楽に生活できるでしょう。Kはもう違う道を歩いた以上、自分はそういう馬鹿なことをすべきではないのだ。Kのことに対して気の毒かもしれないが、生きていくのは正しい選択なのだ。お嬢さんにも、自分にも、「私」にも、たぶんKにも、もっともよいことなのだ。
でも、もちろん、そうすれば、この小説もなくなった。  


Posted by teisan at 21:52Comments(3)文章

2008年08月19日

私の一番嬉しかったこと(原文)

今学期はもうそろそろ終わる。そんな時になるたび、今まで何をしたのかと思える。日本語の勉強はもう二年間だ。二年前、私は日本語を全然知らなかった。日本についてのことも全然興味を持たなかった。「高考」のせいか、日本語学部に入った。実は、日本人に対して、私の持っている印象は面白くない、厳しい。また、日本語が聞きづらいと思っていた。

一年生の後期に,阿部先生の日本語会話の授業を受けた。始めて見て、「この日本人は活発ですね」と思った。授業中、先生がいつも冗談を言って、いきいきと例をあげて、学生たちはとても楽しかった。でも、日本語会話といったら、下手な私は心配していた。なぜかというと、間違いいっぱいで人に笑われるのが心配していた。だから、先生が私たちに会話を練習させると、私はいつも最後にした。先生はそれを見つけたかもしれない。「丁さん、たぜ練習しない」と私に言った。仕方がないから、話せざるを得なかった。それから、ほとんど毎回の授業私の名前を呼んだ。初めて、悩んだ。しかし、「間違いいっぱいでもたいしたことではないだろう」と思うようになった。先生はいつも目を細めて笑って、やさしいと思う。私も楽に日本語を話し始めた。

二年生から、先生の日本語泛読の授業を受けた。その授業はつまらないと思った。先生もそう思ったのでしょうか。先生は教科書が嫌いだと言った。でも、先生はその教科書に沿わなければならない。先生自分も「この授業をよくしなかった。申しわけいございません」と言った。

先生は「ジャパンニーズ‧コレクシション」という資料を作っていた。真面目に日本と中国の情報とか日本語の使い方とか収集した。非常に素晴らしいと思うけど、学期末になって初めて読んだ。本当にすみません。

二年生の後期、先生の事務室によく行くようになった.日本の本を借りるとか、質問をするとか、チャットすることもできる。私は張さんと一緒に、火曜日の午後の授業をサボって、先生のところへ遊びに行くこともあった。先生に自分の意見を言った。日本語が通じないとき、中国語も使った。先生は中国語もわかって、頷いながら間違いを直してくれた。日本語はまだ下手なのに、先生は日本人と話せる錯覚をくれたので、自信を持って日本語の勉強を続けている。

来学期、先生は私たちを教えないようになる。お名残惜しいけれど、もう行かなくてはならないと分かった。先生は私の接する最初の日本人だ。先生がいなければ、私の日本人に対する印象また日本語の勉強の態度はまだ変わらなかっただろう、と私はと思う。

文章の最後、「私の一番嬉しかったことは阿部先生に会ったのだ」と言いたい。

平成二十年六月十五日 日曜日夜

テイゲツビ
  


Posted by teisan at 16:58Comments(2)文章

2008年06月04日

日中WINWIN関係を築くには

今、「WINWIN関係」という言葉は、流行語になりつつあります。「WINWIN関係」とは、両方が利益を得られるということです。相手を損なうことなく、自分がますます強くなり、相手と一緒に発展するのは一番理想的なことではないでしょうか。特に、ビジネスマンの上で、「WINWIN関係」という言葉がよく使われています。では、日中関係の上でどうでしょうか。日中WINWIN関係を築くことは可能なのでしょうか。
答えは、もちろん、「はい」です。でも、これはちょっと難しい問題であろう。誰でもが知っていますが、日本はかつて中国に侵入して、人命にも財産にも非常に深刻な被害を与えました。その後、日中関係はずっと敏感な問題になっています。いまだに、いろいろな問題があります。たとえば、日本での靖国参拝などの歴史問題はもちろん、中国での反日デモもあります。現代の日本では、新聞や雑誌にも中国のマイナス面を報道したものが少なくないそうです。
では、普通の中国人はいったい日本人をどう思っているのでしょうか。大部分は日本が悪いと思っています。「愛国」の気持ちから、日本製の商品を買いません。日本人を「小日本」と呼びます(「小日本」は日本人を見下ろした意味です。)何もかも日本に関わるものは悪いと感じるのです。私は大学に入る前に、日本語の専攻を選んだとき、あるクラスメートは「なぜ日本語の専攻を選んだのですか。日本人はとでも悪いですよ。」と言いました。いま挙げたことはほんの冗談なのかもしれないが、中国人の日本に対する態度が表れでいます。中国人は小さいときから、ずっと日本に対するマイナス評価の歴史教育を受けでいます。「日本は中国の敵だ。」という考え方を持つ人は少なくありません。それは昔の戦争が原因だと思います。
私にして見れば、日中関係を改善するために、日本と中国はお互いにもう一度見つめ直す必要があります。
隣合う二つの国として、友好的に付き合うべきで、「遠くの親戚より近くの他人」ということではないでしょうか。人間は暮らしているときは「歴史」ではなく、「今」そのものです。鄧小平はかつて「発展は真理だ」と言いました。過去に縛られないで、一緒に協力して進歩するからこそ、人間の生活はだんだんよくなることができます。昔は昔、今は今。日中文化はお互いに交じり合っているからこそ、どちらが欠けても、発展することは無理です。
ただし、歴史のことを無視する、あるいは否む意味はありません。歴史を直視して、悲劇を繰り返さないように努力する必要があります。
行動は意識の結果ですから、日中関係の凝りはしょせん中国人と日本人の心の中の凝りではないでしょうか。
嬉しいことに、今、日中関係の新たな局面を打開します。
現在、中国では、日本の企業がだんだん多くになりました。日本語を習う中国人もだんだん増えました。中国人は日本が好きになって来たように思います。我々は日本人の真面目さや一生懸命の精神などが日系企業の成功の原因であることを知りました。
偏見をなくし、日本人の長所を見つけると、中国人は日本人がかわいいと思えるでしょう。
また、日本製電気製品などは、中国の市場を豊かにしています。日本製品は品質がいいから、中国でとても人気があります。日本のアニメやドラマなども中国で若者の中ではやっています。
この数年来、日中交流も頻繁になりました。在日中国留学生は以前に比べて、多くなりました。
先年安倍晋三首相の「氷を砕く旅」と、温家宝総理の「氷を溶かす旅」と、福田康夫首相の「迎春の旅」の後、今年の五月、胡錦濤主席が日本を訪問します。今度は「暖かい春の旅」と言われています。日中関係の未来が春のように暖かいという意味でしょう。日本人にしても、中国人にしても、これは望ましいことでしょう。それをきっかけに、日中はお互いに理解を深め、WINWIN関係を築くことはすぐに実現できると私は信じています。
  


Posted by teisan at 13:44Comments(2)文章