2009年01月31日

大家新年好!!

大家新年好!!
これは中国語です。意味は「よいお年を」です。

今日は「大年初六」です。旧暦一月一日は「大年初一」です。旧暦一月二日は「大年初二」です。では、「大年初六」の意味は言わなくてもいいでしょ?^^

旧暦一月一日は春節とも言います。
中国人にとっては、春節は一年中もっとも大切な祝日です。春節は「新しい一年が来る」と示します。
春節の前日、あるいは旧暦十二月三十日は「大年三十」と言います。「除夕」とも言います。それは日本の「大晦日」に相当します。「春聯」を門に張り付けます。「春聯」は赤い紙の上めでたい言葉を書くものです。「除夕」の夜は「除夕夜」です。家族がみんな揃っていて、テーブルを囲って、「春節聯歓晩会」(これはテレビ番組です。紅白歌合戦みたいな感じ)を見ながら、「年夜飯」を食べます。自分の故郷を離れて出稼ぎに行く人も「除夕」の前どんどん家に帰ります。ほかでもなく、その「年夜飯」のためです。「年夜飯」は「団円」と代表します。とてもとても意味深いです。
「除夕夜」には、大人は子供に「圧歳銭」をやります。「圧歳銭」は「お年玉」です。この「圧歳銭」を枕の下に置いて寝ます。「大年初五」まで。
春節またはあとの日には、一般的に親戚の家へ「拝年」に行きました。「拝年」は「新年の挨拶をする」という意味です。最近はレストランで家族が集まって、「拝年」した後、食べながらおしゃべりをする場合も少なくありません。
「拝年」のうちに、親戚も子供に「圧歳銭」をやります。中国語にはこういう冗談な話がある――「恭喜発財,紅包拿来」。「恭喜発財」は「拝年」の言葉の一つです。意味は「もっと金持ちになってください」みたいな感じ。「紅包」は「お年玉」です。この「お年玉」は赤い袋で包むからです。「拿来」は「くれ」です。新年の挨拶したあと、お年玉をくれ!っと(笑。
それから、「大年初五」の前日、「除夕」と同じく、爆竹を鳴らして、とても賑やかです。なぜかというと、「大年初五」は「財神」が来る日だと言われています。「財神」は「福の神」に相当します。人々に富と福を持ってくる神様です。中国人は爆竹を鳴らして、「財神」を迎えます。
あとね、「正月十五」も大切な祝日です。みんな「湯団」を食べます。「湯団」はおち米での粉で作る団子です。中には餡があります。とてもおいしいよ。その日は「元宵節」とも言います。

あ、いろいろ言いますね。^^日本人は中国の文化にあまり詳しくない、と聞きましたから。うん、これから、もっともっとお紹介したいんですね。
よろしくお願いします~  


Posted by teisan at 21:01Comments(2)時事

2009年01月24日

サムイ~~~~

とっても、とっても、とってもサムイ!!!
上海は今日、零下五度…
ひとつの単語を思い出す…「凍える」
確かに 凍えそうだなぁ。。。

明日は大晦日です。「中国」の大晦日です。
「日本」の大晦日を過ごしたから、再び大晦日を過ごす気がする(笑
明後日は春節、あるいは、中国の「元日」です。
それから、「中国」のお正月が始まります~

でも、そんなに寒い…
あ、明日、お年玉ももらえます(へへん。

このページを読んだ方、コメントしてくださいね。
いま、日本はどんな天気ですか?零下五度ですか?
それから、あなたの目から、中国の「春節」はどんなものですか。
ぜひ聞きたいんですね。^^  


Posted by teisan at 21:07Comments(4)暮らし

2009年01月20日

世渡りについて

台湾の作家、劉墉の「もう一歩を超えれば、すぐ成功する」という本を最近読みました。
とてもいいと思って、日本語に訳してみます。日本の友達に紹介したいんですから。

世渡りについて
みんな自分の個人な世界を持っている

あれは中学三年生の時のことです。あるクラスメートが授業中でポルノ小説を読んでいる。それは先生に発見された。小説も取り上げられた。
それから、私は用事があるのであの先生の事務室に行った。先生が頭を下げて仕事に忙しいのを見て、邪魔しないようにと思って、私は足音を盗んで近付けた。
私が突然彼の前に立っているのを気づいて、先生が大変驚き、引き出しをドーンと閉じた。立っては座って、重い気持ちで私を詰問した。
「君は何をしに来るのか!」と。
彼の顔が真っ赤になった。実は、彼は引き出しを半ばに開けて、隠されたポルノ小説を読んでるところなんだ!
何も言わずに、彼は手を振って「消え失せろ」を示した。
ただ、あの先生の授業があったら、私は必ずドキドキしてやまなかった。手もぬるぬるになり、彼を見る勇気もなかった。不幸に彼の目に会うたびに、彼の恨みのある目付きを感じた。
結局、あの科目、私は危なく不合格になるところだった。
(中略)
私がそれを教えた目的は何のか、知ってる?
クラスメートが集まってないしょ話をするということはあなたが時々見つける。でもあなたは耳が早いから、何を話してるのかわたっている。ってあなたはそう教えてくれた。
すると、私はこう聞いた。
「あんなないしょ話を聞いたのは、あなたにとって、何の役立つのだろうか」
あなたが覚えてほしいのは、人が大きくなればなるほど、隠れた内心世界がある。もし、すべての家に盗聴器を取り付ければ、みんなひそかに言うのと表に言うのとが雲泥ほどにかけ離れている、ということはすぐわかる。
人々はお互いに疑い深いことが多い。競争が激しいほど、ひそかにもめごとが多くなる。特に、あなたのような年になったら、馬が合う人と手を結んだり、犬猿の仲を締め出したりするようになる。みんなのプライバシーを知り、あなたを締め出す人を知ると同時に相手に「あなたはもう何もかも見通した」と知らせるのは、あなたに本当にためになるのか。
間違った!前述のように、お互いの距離をもっと大きくする結果しかない。
(中略)
子ちゃん、私が階段を上げる、あるいはあなたの部屋を経るたびに、わざと足音を重くすることを気づかないの?
あなたの机も窓に近いし、背も門に向うし、そして門もいつも開いてるから、私はあなたを驚かすのが恐れる。
しかも、あなたも大人になった。自分の世界を持っている。もしかしたら、ひそかにネットをして見たいものを見ている。私は「見つけたくない」し、「見つける必要もない」。だから、ネット上のものを隠す余裕を持たせてあげるべきだと思う。
「部屋に入る前に、音を出す」というのは、古人はすでにそう言った。そうすると、内の人は心構えができられる。
あなたはもうすぐ高校卒業で、大学に入って寮に暮らすことになった。寮で走りまわる時も他人の部屋に入る前の時も、「音を出す」べきじゃないか。
今日の話をよく覚えてほしい。これから、自分にも他人にも個人の空間を持たせてください。それはみんな知るべき世渡りの芸術だ。  


Posted by teisan at 23:03Comments(0)翻訳

2009年01月17日

いい勉強になりました

①本音より、適当

いくら正しいと思っても適当ではないもの、絶対言わない。
特に、あまり知らない人に、「建前」が必要だ。
率直な言い方はただ知人の間で使える。

②相手の味方を尊重

正しくないと思っても、真剣に聞く。
だって、自分が正しくないと思うものはかならず正しくないとは限らない。
相手の味方の尊重は相手の尊重と同じだ。

③敏感なこと、絶対言わない

要するに、
日本語を勉強してる私
将来日本語で仕事をするから
心から、日中友好を希望してやまない
だって、日系会社に首にならないよーに

うん、いい勉強になりました。  


Posted by teisan at 20:38Comments(0)感想

2009年01月11日

読書の冬休み

無沙汰です~
わずか10日ですけど(笑。

昨日、期末試験は終わった。今日は家に帰りました。冬休みが始まります!
うーん、一か月もの冬休み。春節の休みもその中に含んでいる。今年の春節は一月二十六日です。楽しみにしています。

昨日、図書館からいろんな本を借りました。安部公房の「砂の女」と「箱男」と「他人の顔」です。中国語の訳本ですけど。今回の日本文学期末試験、安部公房の「赤い繭」がテストに出た。中島敦の「山月記」も出た。あーあ、「山月記」について全部問答題です…大変!なぜ李徴は虎になったのか?とか、よくわからない。結局…自分想像しながら、答えました。神様、お願いします~
とにかく、試験が終わった。(嬉)

日本に留学している高さんは今年春休みに帰国するそうです。春休みというと、日本ではお休みは確かに多いですね。春休みをはじめ、夏休み、冬休みもある。秋休みがないかな?もし、秋休みもあったら、日本人はほとんど一年中休んでいますねぇ。あ、羨ましい~^^

あっ、忘れた。図書館から借りた本は安部公房の中訳本のほかに、日本語の本もある。酒井美意子の「聡明な女の生き方」(主婦と生活社)。ビートたけしの「みんな自分がわからない」(新潮文庫)。もう一冊は「近代小説 鑑賞と研究」(東京堂)。たくさんですよね?外国人の私にとってむろん難しいですが、頑張って一生懸命読めば読むほど、きっと日本語のレベルに役立つでしょう。

うん、読書の冬休み、幕が開く~  


Posted by teisan at 16:13Comments(5)暮らし