スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年02月28日

毎日の雨

ああ、うっとうしい雨の日はうんざり感が溢れた。
新学期の最初の二週間は、そんなふうに過ごしたとは。
幸いに、明日から雲の日だそうだ。

新学期の第一日は、ひどい目に遭った。
それは何かというと、授業の時、「兄は新しい彼女ができた」という簡単な言葉は、
「父は新しい彼女ができた」を言ってしまった。クラス全員笑った。
いわゆる「肩身が狭い」ということです。ああ、失敗。

新学期の第三日は、学部の会議に参加しました。
「今年は金融危機のため、仕事を見つけるのが難しい」と、担任教師が教えました。
悔しい。

留学帰国のクラスメートの日本語はまさにペラペラになった。うらやましい。
もっと自分の日本語がヘタクソだと思うようになった。

郊外にあるキャンパスを歩いて、将来に迷うようになりました。
雨が酷かった。傘があっても、全身がびっしょりになった。
まるで、自分の将来もその雨の日のように大変だということを予言してくれた。
ああ、疲れた。休みたい。でも、努力しなければ、将来性はもっと話にならない。
空も暗いし、風も強い。
夜の授業が終わったとき、キャンパスで歩いている学生が少ない。
傘をさしてぼうっとしながら、歩いて寮に帰った、さびしい私。

たしか、私は、外界の影響を受けやすいタイプです。
いわゆる敏感な人なんです。それは利点でもあるし、欠点でもある。

どちらかにせよ、悪い天気も遅かれ早かれ良くなる。私の気持ちも同じ。
あのー、心配をかけてくれる方々に、すみませんと言いたい。

(PS, 日本から帰った高さんはさくらももこのベストセラー「ももこの話」という本を買ってくれた。嬉しい。これは私が持って最初の日本原版の文庫本なのだ。とても面白いと思う。)  


Posted by teisan at 22:35Comments(0)気持ち

2009年02月28日

手紙

先日、お久しぶりに友人からの手紙が届きました。
「大学生活はもう大半過ごしました。あなたもすでに慣れていたんでしょう。みんなそうです。我々は生活に挑戦できない。ただ、手を挙げるしかない。高校時代の時、みんな単純だから、複雑なこととか困ったこととかまだ経験しなかった。なのに、しいてその中に物足りないものを探して、何回も何回も文句を言ってしまいました。大学生になると、確かに本当に困ったものがたくさん出てくるんですが、かえって何も言えなくなりました。どちらかと言うと、誰も大体現実を受け入れたということでしょう。理想は美しいですが、あくまでも現実ではない。夢みたいなものは目を覚めると、すぐ消えてしまうから。大人になる代価は、一部分の夢を捨てて、現実的なものを頭に詰めるというものだ。
でも、私は夢を見るのが好きです。いつも、将来について空想しています。どのようにしたらいい生活を過ごせるのか、ということとか。最高の方法は宝くじだ。もし、五百万元の宝くじに当たったら、仕事なんかしなくてもいい。百万元でマイホームを買う。そして、ほかのお金は入金し、その金利に頼って豊かな一生を送ることができるでしょう。あとは、いい仕事を見つけることだ。一生懸命頑張るとしたら、いい成績を上げられるかもしれない。すると、高い給料をもらえるし。何年も貯金したら、マイホームも買える。それから、いい仕事を見つけるというより、むしろ金持ちの男を探すほうがいいじゃないか、という考えも出てくる。結婚したら、パートをしながら家庭主婦をするのはもっと幸せなのかも。
最後、やっぱり現実に戻る。男はだんだん頼りなくなるし、自分でたとえどんなに頑張るとしても、えらい成績を上げる能力がないからダメだ。つまり、宝くじを当たらないと、平凡な一生を送るにほかならない、ということになります。
もちろん、宝くじにあたる確率も非常に低いということもよく分かったんだけど…」

以上は彼女の手紙の一部分です。それを読んだあと、同感します。昔は結婚というものは女性の一生を決めるのです。今の女性は学歴がだんだん高くなるとともに、自立心も強くなります。男性に頼るなんて、話にならない。その結果、悩みもますます多くなってゆく。これはいいのか、悪いのか、私もわからない。  


Posted by teisan at 22:32Comments(0)文章