2008年08月18日

平成20年8月6日 日曜日 晴れ

昨日インターネットを見た。
阿部先生から返事をもらった!!たいへん喜んだ~
先生が「毎日暑いので、お体に気を付けてください」と返事に書いた。私は先生が遠慮しすぎると思った。それから、後輩はわたしに「暑中見舞い」メールをくれた。私は突然悟った。急いで資料を調べて、「暑中見舞いは七月中の盛夏を中心に出すべきで、八月七、八日ごろ(立秋)を過ぎると残暑見舞いとなる」ということを分かった。なるほど。先生は暑中見舞いをしていますね。しかし、私は全然気づかなかった。私は馬鹿だ~
それで、友達や先生など「暑中見舞い」メールをし送った。もちろん、中国語で。
阿部先生から、七月努力して書いた「日本語日記」の校正をいただきました。見て、驚いた。驚いたのは自分の間違いの多さではなく、先生の丁寧さです。間違いところに線を引いて、後ろで正しい書き方を書いてあった。原因を説明したこともある。感動した~
ここで、阿部先生に私の感謝の気持ちを再び表します~
直した日記を見て、反省のことがある。まず、たくさんの間違いはミスプリントだ。(つまり、私は書き込んでから読み直すことをしなかった)。次は、中国語と日本語の違いを無視して、中国語のような日本語が出てきた。中国語を日本語に置き換えただけだ。この点はこれから注意しなければならない。または、ニュアンスはまだ不足だから、書いた日本語は文法が正しくても日本語らしくない。
私の対策は以下の通りです:
まず、もう間違ったところは必ず再び間違わないこと。次は、日本語をよく読み、ニュアンスを強めること。また、日本についての本をよく読み、日本の文化を了解すること。
後一月、頑張ります~



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。