2008年10月21日

美恵子さんは今結婚しているのか?

また文法の問題です。よろしくお願いします。
例文:美恵子さんは三回も結婚している。

先生の説明は、美恵子さんは今離婚した、独身しているところです。三回結婚したことがあります。

でも、私の考えは恵美子さん今結婚している。
先生は、「~ている」という文型はが経験を表すことができると言いました。あの時の状態は今にずっと影響を与えるのです。
でも、この例文は。。。どうかな~~
私たちはそう言って、先生も困るようになりました。

わからないから、日本の方々、ぜひ教えてくださーい。


同じカテゴリー(質問)の記事
 「~がいい」と「~といい」など (2008-10-27 15:08)
 いじめ問題 (2008-10-21 13:36)
 聞こえると聞ける (2008-10-06 13:46)
 質問 (2008-08-22 22:26)

この記事へのコメント
仕事中ですが、こっそりまたレスしてみます(笑)

例:美恵子さんは三回も結婚している。

美恵子さんが現在結婚しているか否かは、この一文だけではわかりません。
ただ、僕個人の見解を言うなら、先生のおっしゃった『現在独身説』が正しいようです。

『三回も』の“も”が、強調であることはお分かりですよね?

ていさんは『している』という部分が、『結婚』を指していると考えたようですが、これは実は『三回も』にかかっています。

つまりこの文章の本筋は『美恵子さんは結婚している』ではなく、『美恵子さんは三回もしている』が正しいです。

『三回“も”している』とわざわざ強調するのはなぜか?
ここには、美恵子さんの非を咎める意図が含まれているからです。

現在結婚している人を、ことさら結婚の回数で咎めることは日本では稀です。
その場合は強調をせず、『美恵子さんは三回結婚している。』となります。

ただし、美恵子さんが結婚している場合にも、『も』を使うケースはあります。

それは、『美恵子さんは三回も結婚している。それなのにまた現在も不幸な目に合っている』といったかたちで、美恵子さんの結婚生活に否定的な見解を示すときです。

以上。
難しいですが、お役に立てると嬉しいです。
Posted by はなび at 2009年04月20日 15:40
ああ、ほんまにありがとうございます!
よくわかりました!
Posted by teisan at 2009年04月20日 16:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。