2008年07月23日

日本語日記1

平成20年7月7日月曜日 晴れ

私は思い切って、日本語を練習するために、今日から日本語で日記をつけ始めだ!!!

もう夏休みの三日目だ。試験の結果はまだ知らなく、ちょっとドキドキしている。天気は非常に暑い。天気予報によると、38.8度に達したことと聞いた。残念のことに、我が家はクーラーといったものがない。なぜかというと、そろそろこのあたりが「市政建设(shi zheng jian she)」という都市改造のため、すぐ取り壊されるのだ。我慢するしかないね。うちの前、工事が忙しくて、毎日うるさい。早く終わればいいのに、と私は息がついた。

いま私は音楽を聞きながらパソコンで日記をつけている。昔は、人々はいつも万年筆といった筆で文章を書いた。でも、現在はワープロで書くのがもっと便利ではないだろうか。私は小学校からずっと厚い手帳で日記をつけた。でも大学生になると、パソコンで書くようになった。始めで、タイプを打つことが遅くて困ったが、練習するうちに上手になった。タイプを打った文章がインターネットにアップロードすることもできる。はは。ブログとか、Eメールとか、便利ですね。

学校から家に帰る前に、図書館でたくさんの本を借りた。私は今度日本文学を研究するつもりだ。^O^夏目漱石さんの「こころ」と「吾輩は猫である」という本だ。有名ですよ。「こころ」は中国語の版だけでなく、日本語の版も借りた。中日を照らし合わせながら翻訳を勉強したかった。

ここまで。まだね。^^





平成20年7月8日火曜日  晴れ

今はいい天気ですね。しかし私は気分が悪い。

もともと、パソコンが外の部屋にいで、便利ではないと思って、うちの部屋に運ぶつもリだった。でも、運んでいる時、キ一ボードが突然壊れてしまった。私たちはたいヘん疲れていたけど、そんな結果になってしまった。

キ一ボードが壊れたから、ソフトキーボードを使わなければならなかった。非常に不便だけど、面白かった。まずそう自分を慰める。仕方がないわ。

いつか電気屋さんに行って新しいのを買うしかない。嗚呼!!!



この日の夜:

わあい~キーボードが自然によくなった!!!ははは~

この事が教えてくれたのは、「自然の成り行きに任せる」ということなのだ。ほほほ。

気分がすっきりになった!では、今日の成績をご報告します。

夏目漱石さんの「吾輩は猫である」はもう読んで終わった。この猫は賢かったが、とうとう溺れてしまった。中国語の中で、こんなことわざがある:「聪明反被聪明误cong ming fan bei cong ming wu」(なまじ賢いために、さかしらの過ちに陥る)。そうではないでしょうか。でも、猫の目から、人間の世界が可笑しいと見える。苦沙弥(くさや)先生の馬鹿馬鹿しさや、迷亭(めいてい)さんのうそつきや、水島寒月(みずしまかんげつ)さんの博士研究のためにガラスボールを磨くことなど、人物の性格が生き生きに読者の前に現れた。漱石さんが偉い人ですね。この本には、猫様はいろいろな哲学を言って、面白いですね。

これから、私は「心」を読むつもりだ。だが、ちょっと疲れているかと思って、明日この事を考えましょう。

夏休みの前に,学校の本屋から日本語能力試験一級の参考書二本を買った。一生懸命試験勉強したい。自分の日本語水準が下手だと分かったから、努力している。たとえば、日本の歌を聞くとか、日本のドラマを見るとか、遊びながら日本語を勉強している。最近日本の「スピッツ」というコック‐バンドが好きになった。ボーカリストの草野正宗さんが特に好きだ。彼は元気がいっぱいだから。今年はこのバンドのメンバーが全員四十才過ぎだ。年齢の割に、彼らは活気があふれて、若く見える。「ロビンソン」と「空も飛べるはず」という歌は日本の「キリン」の「午後の紅茶」の広告歌になった。素晴らしいと思う。風格がすがすがしい。彼らは1987年にこのバンドを成立したが、1996年ごろ有名になってはじめだった。私はこれから彼らを支持します~

受験勉強の参考書の話題に戻る。私は聴解と文法の本を買った。文法の本はもう今日読みはじめだ。聴解の本は明日読むつもりだ。

能力試験の申し込みの料金は350元で、高いと思って、合格(できれば、優秀)のために、頑張ります~~

もう夜十時半だ。お休みなさい~^―^




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。